前へ
次へ

頭皮のツボを刺す鍼灸治療

鍼灸治療で顔や腕に鍼を刺すのは一般的によく知られた光景ですが、頭皮に鍼を刺す療法もあります。これは中国医療の、真頭皮針と呼ばれるもので、文字通り頭皮に鍼を刺して微弱な電流を流すものです。頭皮から電流を流すというと不安に感じるかもしれませんが、ごく弱い電流なので人体に問題はありません。そもそも全てのことは脳が司っていますが、病気になると対応する脳の部位が弱ったり、調子を崩したりします。腰痛の激しい痛みなども、脳の誤作動の場合もあるくらいです。そこで脳に鍼を刺して神経伝達を活性化させ、自律神経の働きを整えるというのがこの鍼灸治療です。普通、脳の働きを改善させるためには薬を使いますが、当然副作用の恐れもありますし治療のペースも上がりません。その点鍼灸なら副作用がありませんし、体の弱い高齢者や手術に耐えられないような患者など誰でも試せます。西洋医学では手の届かない部分にもアプローチできる治療法です。

Page Top